マルチスレッドタブファイラ dk/w
★特長
宛先が判り易い2画面構成
ウィンドウ内が左右または上下に分割されており、カーソルがない反対の窓をコピーや移動などの宛先として使用することができます。
複数のディレクトリを開いておけるタブ機能
2画面のそれぞれの画面で、複数のディレクトリをタブとして開くことができます。 タブを使うことで、ジャンプディレクトリに登録するほどでもないが 一時的に良く使うディレクトリ間を手軽に移動することができます。 また、ディレクトリの移動履歴もタブごとに保持しています。
マルチスレッドによる、バックグラウンド動作
コピー、削除、移動、ファイルの圧縮・解凍などの処理が、 最高2つまで並列動作します。 先行する処理が終了する前に他の操作を行えるため、 例えば、コピー終了を待つ事なく、他のディレクトリへ移動し、 編集や閲覧、別のマークなどを付けて、次の処理を指示することが可能です。
また、命令だけでなく、ディレクトリの読み込みや、 書庫直視機能で変更した書庫から離れる時の書庫の再圧縮など、 さまざまな場面においてマルチスレッド動作が導入されており、可能な限り 待ち時間を減らしキー操作を妨げない設計になっています。
散らばったファイルを1ヶ所にまとめるファイルトレイ(仮想ディレクトリ)
1つの仕事に必要な複数のファイルが、あちこちのディレクトリに入っている場合、 ディレクトリを移動するだけでも時間を浪費し、ひどく煩雑な作業になりがちです。
そこで、それらのファイルを、ファイルトレイに入れておけば、 異なるディレクトリにあるファイルを1箇所でまとめて扱うことができ、 作業効率がアップします。
なお、dk/w標準の検索は、検索結果がファイルトレイに入ります。
シェル機能の融合
エクスプローラが持つ、様々なシェル機能をサポートしています。
COMアドインによる機能の拡張
WindowsのCOM経由でインターフェースを公開することにより、Visual Basicや、Visual C++などで、dk/wを拡張するアドインソフトを書くことができます。
既に公開されているアドイン
特にVBでのアドイン作成は非常に簡単に作成できるようになっています。詳しくは、dk/wの Web Pageにあるサンプルやインターフェース仕様をご覧ください。
強力な拡張子連動
システムの拡張子連動とは別に、[Enter]キー、[Shift]+[Enter]キー、[Ctrl]+[Enter]キーに、 合計10種類のアプリケーションを登録可能です。
[Enter]および[Shift]+[Enter]に関しては、マクロ文字列や環境変数の参照が可能です。
その他
  • ジャンプディレクトリのうち先頭の9つは、よく使うディレクトリとして、[Ctrl]+[数字キー]で素早く移動可能
  • フルキーカスタマイズが可能
  • LZH,ZIP,CAB,tar書庫を仮想ディレクトリとして扱うことができる、書庫直視機能。(書庫内にある書庫<多重書庫>も操作可能)
  • VFAT(FAT32を含む)の属性をフルサポート。作成時刻や最終読み出し時刻、巨大なファイルのサイズ表示など
  • VFAT上でのソート順書き込み
  • シンプルなファイル表示、よく使うディレクトリへ移動するためのキーボードのショートカット、 バックグラウンド動作による待ち時間の軽減などは、すべて「軽快さ」を実現するためのものです。
    目次へ戻る